作った食事を残す夫

急に秋になりました

ブログの更新を滞っている間に、すっかり秋になってました。

洋服も、今日から、夏物から秋物へ変えて、出社しました。


オットの帰省がストレス!?

台風を避けるように、金曜日の夜からオットが帰省してきていました。

そして、昨日の夜、飛行機で東京へ戻りました。

オットが我が家で過ごしていた1階の部屋は、オットの匂いがこもっていたので、今朝は、窓を少し開けて、空気の入れ替えをして出てきました。

食事を残すオット

オットは、食べ物の好き嫌いが多い人です。

結婚当初は、気にかけて、オットの嫌いな食材を避けて料理をしていましたが、今は、それをやめ、私の食べたい物を作っています。

だからなのか?

オットは、私の作った食事を残すことが多いです。

しかも、「食べ散らかす」という言葉がぴったり!だという感じで、汚く残します。

今回の帰省中も、初日に、酢豚(めったに作らない揚げ物!)、トマトと卵の炒め物を作って夕食に出しましたが、

酢豚は半分近く、トマトと卵の炒め物は8割がた、残していました。

1時間以上もかけて作ったのに・・・

先日、中国人の先生に教えていただいたレシピで作ったので、味もおいしかったのに・・・

玉ねぎが嫌いなのか?

パプリカが嫌いなのか??

お腹がいっぱいなのか?・・・いや、白ご飯をお替りしてた(オットの茶碗は1杯で1合近く入ります)ので、いっぱいだったとは考えにくい・・・

ただ、理由も言わず、黙って残している。

なんだろう・・・

一生懸命作っても、黙って大量に残されると・・・

もう作る気が失せます。

食事中に、携帯いじってばっかりしてたりもするし。

食事に対する(食事だけじゃないがw)考え方が違うんだろうな。

私なら、作ってくれた人の気持ちを考えると、ご飯のお代わりをせず、おかずを全部食べるほうを優先する。し、汚く食べ散らかしたりしない。

美味しかったら、ちゃんと、美味しかったというし、

嫌いな食材があれば、この食材は苦手だから、次からは省いてほしい。と伝える。

オットに、作った食事を食べ散らかされるたびに、心の中で、このセリフを叫びます。

「私が、オットの食事の用意をすることは、当たり前ではありません!!」

もともと、私は、料理が好きではありません。

けど、妻であり母でもあるから、私が担当で料理をしてきました。

美味しいものを作ると、美味しいと言ってくれ、

失敗すると、この味、ちょっとおかしいよ。

と、息子や娘は言ってくれてたので、作り甲斐もありました。

ですが、オットは何も言わないし、きれいに食べてくれることもなく、汚く食べ散らかします。

そんなオットの対しての食事の世話も、卒業したいです。

思いやりや感謝の気持ちがもてるような関係になるまでは(きっと、体が弱った時だろうな・・・)、オットの世話全般から解放されたいです。

この三連休だけじゃなく、次の週末も、帰省してくるというオット・・・(なぜか、21日に有休をとり、19~22日まで帰省してくるらしい)

きっと、この状態を、私は受け入れられず、愚痴をブログに書くことで発散しようとしているんだわ。

オットの帰省がストレスだなんて・・・・

単身赴任が終了したら、私はどうなるんだ???



最後まで読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

ランキングに参加中です。

応援クリックしていただけると励みになります♪