自転車操業の借金夫は自分の借金の総額を知らない無計画男だった。

プライドが邪魔するのか??借金を白状しない

クレジットカード詐欺事件で、オットがお金に困っていると確信した私は、オットに問いただした。

何度聞いても、「大丈夫」と言うだけで、それ以上何も話してくれない。

オットは、プライドが高い人。

いつも人より上の位置にいないと気が済まない人。

間違ったことをして注意を受けても素直にゴメンと謝れない人。

そんなプライドが邪魔をしているのか、借金を白状しない。

でも、傍から見てて、お金に困っているのが丸わかり。

ここは私が寛容!?になり、

「私はあなたに借金があっても切り捨てたりしない。」

「一緒に返済できるよう頑張るから、全てを話して」

と、コンコンと説得したらやっと話してくれることになった。

この時点では、自分の借金の総額を把握していなかったオット。

持っているカード類をすべて出してもらい、借入先も書き出してもらい、

それぞれの会社から借入残を書面で送ってもらい計算した。

借金額の総額は1500万円だった。

オットの過去の借金額、銀行は総量規制の対象外 オットは借金をかかえていることを内緒で私と結婚しました。 結婚し2年ほどたったころ...

借金額を聞き出したが、私の手におえる額ではなかった

結局、1500万の借金で、月々の返済額が32万。

私たち夫婦の月の手取り合計は約45万。

ローンのない古い持ち家があったとしても、月13万では家族4人の生活は厳しかった。(13万の中には、別居した義母の家賃も含まれている。)

けど、何とかしなければならないと思い、私の親に相談し、親から無利子で600万借り入れることにした。

オットに借用書を書いてもらい、月5万円の10年払い。

親から借りた600万で利息の高いものから返済し、

整理した結果、返済額を月20万におさえることができた。

けど、これから大学へ進学しようとしている息子がいる、

その下にも娘が控えている。

そのことをオットに話すと、

義母の家賃は、兄と相談して折半にしてもらうか、市住や県住のような家賃の安い所へ引っ越してもらえるよう話してみる。

どうしても無理になったら、自宅を売ればいい。

と、言うことだったので

とりあえずは、義母の家賃の返事を待ち、子供が進学し落ち着いたころに自宅を売る。

これからは私が家計を管理し、オットには小遣いを渡す。

ということで落ち着きました。

今思えば、この時、オットに手を差し伸べるんじゃなかった。

この時にちゃんと自分で考えさせておくんだったと、後悔しています。

借金依存症・・・周りが手を差し伸べて一度は反省したように見えるがまた繰り返す病気。

プライドの高いオットが私に弱みを見せたことで反省し、もう2度と借金はしないであろうと思っていた私の考えは甘かった。

と、のちに後悔することになるのです。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

ランキングに参加中です。

応援クリックしていただけると励みになります♪