借金返済のための自宅売却をあっさりと決めてしまう夫の心理

借金返済のために自宅を売却することに

義母の襲撃の後は、義母との距離をあけ、
我が家は義母の住まいの家賃にかかわるお金だけの支払い、
ほかは、時々オットが顔を見に寄っているだけの関係となりました。

オットの風俗通いも、お小遣いの範囲内で通っているなら目をつぶっておこう。と決め、

平和な日々を過ごしていました。

そうしていると、
息子は大学に合格し晴れて大学生活を送り始め、
娘も私立の高校に通うことが決まり、
再び家計が厳しくなってきました。
(オットの借金返済額、月20万はまだ継続中)

以前オットが提案していた義母の家賃の件は、

義兄は、オットと義母の問題だから自分は1円も払わない。
と、家賃折半を拒否。

義母も、追い出された自分の家賃はあなたたちが負担するのは当たり前、なぜ自分がしんどい思いをしてまで引っ越さないといけないのか??
と、引越を拒否。

それなら・・・と、

もう一つの提案であった自宅を売却しよう! と、あっさり決定!

もともと借金返済のあてにしていた???

売却予定の自宅は、オットの父親が建てた家です。

オットの父親が亡くなった時(10年以上前)、
自宅はオットが、現金を義母と義兄が相続したようです。
(自宅は古く、修繕費や固定資産税などの費用がかさむから
義母達は現金を選んだそうです。)

その自宅をオットは売却し、現金に換え、自分の借金を清算する考えのようです。

この時思ったのですが、

オットは、元々、自宅を売却することを前提に、借金をしていたのではないでしょうか?

親から譲り受けた財産、自分で汗水たらして得た財産とは価値感が違うのでしょうか??

あっさりと売却を決めていました。

2代目が会社をつぶす

この言葉にえらく納得した瞬間でした。w

我が家としては、借金が返済されると、家計は楽になります。
といっても、新しく住む家のお金が新たに発生するので、
カツカツではありますが、
無借金になると気分的にずいぶんと楽になります。

私も、自宅売却に賛成し、二人で自宅売却に向けて動き出しました。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

ランキングに参加中です。

応援クリックしていただけると励みになります♪