自宅売却したお金で借金返済。残ったお金と残った物、そして新たに発生した住宅ローン

自宅を売却し借金を返済すると・・・

自宅の売却と新居の購入が同時期に決まり、お金の動きを計算してみました。

自宅売却代金 +2970万

古家解体費用 ▲200万
(自宅解体時、隣家の塀が崩れてきたり、井戸が出てきたり、と、余分なお金がかかりました)

新旧物件の不動産屋さんへの仲介料+諸経費  ▲250万

引越費用  ▲50万

オットの借金  ▲1450万
(月20万の返済を2年弱続けていましたが、その間に息子が大学に入学したので大学の入学金等、100万ほど日本政策金融公庫から借り入れたため、借金総額はほぼ変わっていない。) ← 借金の利息ってどんだけ高いんや!!w

ざっくり計算すると、1000万ほど手元に残ることになります。

といっても、新居は頭金ゼロで購入しているので、新居の住宅ローンという新しい借金があります。

手元に残ったお金で、新居の住宅ローンの繰り上げ返済をするのが最善策かと考えていました。

買主も、新居への引越日も決まり、やるべきこと

オットの家とはいっても元々は親の家。
昔から置いてある大きな仏壇がありました。

仏壇といっても、オットが世話をしているわけでもなく、
義母も出ていくときに何もせず、放置された仏壇。

義母や義兄は、我が家に襲撃に来た時も、手を合わせることのなかった仏壇。

けど、なんとなく、気になったので、私は毎日水を変え、亡き義父の月命日にだけ仏花を供えていました。
他人(義母語w)が少し世話してるだけの仏壇。

引っ越すときに、そのままにできないのでオットに相談。

昔からお世話になっていたお寺に連絡し、お性根抜きをしていただきました。

その後、きれいに掃除し、お仏壇の中身は義兄宅へ送るというので、段ボールへ詰めておきました。

そして、これが一番の問題
置きっぱなしにされている義母の荷物。

量が多いこともあり、オットが義母へ連絡し、引き取りに来てもらうことにしました。

そう、ここからが本当の義母との戦いになるのでした。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

ランキングに参加中です。

応援クリックしていただけると励みになります♪