労働基準法の壁がある中、会社員50代女のWワークの職探し

Wワークの目的

・オットとの見えない未来に向けての貯蓄の為

・老後も働き続けれる体力・スキルを身につける為

Wワークでいただいたお金でジムやスクールにいって自分磨きするのも良いし、
ただただ貯蓄していくのも良いと思っています。

自分自身のためのWワークです♪

職探しと労働基準法という壁

本業は一日中座りっぱなしの事務職なのでWワークは体を動かす仕事をしたいと思っていました。

興味のある職業から、マンションのコンシェルジュ、植木・造園関係の2つに絞って求人を探しました。

マンションコンシェルジュ

マンションのコンシェルジュは、50代未経験者でもある程度の求人が出ていました。

ほとんどの企業は研修期間を設けてくれているようで、未経験者でも安心して働けそうです。

定年も65歳、70歳まで延長可。という企業が多く、本業の定年後も働けるということで、

早速“土日のみの勤務募集”の1社に履歴書を送付いたしました。

すぐに採用担当者から電話が来ました。が、ここで問題発生!

私のようなWワークの人は採用できない。ということです。

理由は、企業の働き改革に引っかかるので、労働時間が1週間40時間を超える人は採用できないと。

労働基準法では、労働時間・休日について、1日8時間、1週40時間、及び週1回の休日の原則があるようで、それを超えて働く場合は、労働基準法で定められた割合の割増賃金が発生するそうです。

Wワークの場合、労働時間は合算で計算され、基本、後から雇用契約を結んだ会社が割増賃金を払い、その場合、労働組合に加入し、三六協定(労働基準法36条に基づき、時間外労働、休日勤務等について、労使間で締結する協定書)を結ばないといけないそうです。

週末にちょこっと働く人のためにそこまでしてくれる企業って、まずないと思った方がいいですよね。

私は、本業では平日1日7時間労働なので、多くて週35時間労働。

ということは週末5時間だけの仕事探し・・・

半分あきらめかけていたころに1件の求人情報が目に飛び込みました!

施設の植物管理

施設の植物管理、週1日可、Wワーク可、1日3時間~、年齢不問。

という内容の求人情報です。

私は、植木・造園関係にも興味がありました。

週何時間かだけでも植物に触れ、知識を学び、いずれは老後の仕事へも結びつけることができればいいな。

と希望を抱き、面接希望の電話を掛けました。

が、撃沈・・・

植物管理の仕事は覚えることも多く、できれば若い人材を育てていきたい。

ということで50代の私はだめでした。

しかし、清掃のお仕事なら50代でも大丈夫ですよ。

というお言葉をいただき、未経験の職種ではあるが、これも何かのご縁だと思い、こちらで週1日だけ清掃のお仕事をさせていただくことになりました。

清掃のお仕事は高齢者の方もされていることが多いお仕事です。

もしかしたら私が長く勤めるお仕事になるかもしれません。

週1日だけとはいえ、手抜きはせずに頑張っていきたいです。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

ランキングに参加中です。

応援クリックしていただけると励みになります♪