お金がからむと 親子の縁を切ってもいい というくらい人は強欲になるのか??

引越完了、解体作業まで

オットと義母の仲がこじれたまま引越日が訪れ、
私たちは、引っ越しました。

引越から2週間後には旧自宅の解体作業が始まります。

オットは、義母に内容証明書を送付し、
近所の人に旧自宅の鍵を預けているので、
その人に連絡を取って、解体作業がスタートするまでに
必要な荷物を引き取りに来るよう連絡しました。

義母は解体作業の前日に荷物を持ち出したようです。

義兄からの連絡

義母に内容証明書を送ったらすぐに義兄からオットに連絡がありました。

今回の件、弁護士に相談するので、解体と自宅の売却は待って欲しい。

って、いやいや、もう、売買契約の手付金はいただいてますし、
解体作業も、あと10日ほどでスタートしますし、
解体作業完了し、更地になった時点で買主様に引き渡しですから・・・
いまさら待ってと言われても・・・

しかも、弁護士に相談?? 何を???

と、内心思いながらも、

オットが

契約不履行になると買主と解体業者に対し多額の賠償金がかかりますが、
それを義兄が負担してくれるのですか?無理でしょ?
それに、弁護士に相談ってどういうことですか?

義兄からの返事は、

母は1000万白紙にされたことを怒っています。
親子の縁を切ってもいいので裁判してきっちり折半してもらいたいと言ってます。
白紙を撤回して、母に謝り、きちんとお金を払ってあげてください。

自分に火の粉が吹きかかることを嫌がる義兄、
ここは、オットが折れて義母との仲を丸く収めようというコンタンがミエミエです。

けれども、「親子の縁を切ってもいいので裁判
というセリフを聞いたオットも腹をくくったようで、

わかりました、そちらがそう言うのでしたら
縁を切っていただいてかまいません。
こちらも今後一切かかわりません、
来月分からは今まで払っていた義母の家賃も支払いません。
これからは長男である義兄の方で親孝行してあげてください。

そう言って、オットと義兄の話し合いも決裂しました。

お金に強欲な義母

自分を巻き込んでほしくない義兄

借金返済目前で邪魔されたくないオット

それぞれのおもいが強すぎて、
3人だけでは話はまとまらない状態になっていました。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

ランキングに参加中です。

応援クリックしていただけると励みになります♪