弁護士をつけたイザコザに巻き込まれたら、こちらに非がなくてもお金がかかる。

何年も前に遺産分割協議が済んでいるにもかかわらず

義父が亡くなった後に、現金は義母と義兄、自宅をオットと遺産を分割し、3人とも納得し、遺産分割協議書も作成していたにも関わらす、10年ほど経った、今になって義母が自宅は半分は自分の物だと言い出した。

弁護士までたててきて金銭の要求をする義母。

その後、何度か弁護士同士での話し合いが行われました。

解決に至るまで

義母の方は、
法律では勝ち目がないが、
親を思いやる気持ちがあるなら
少しでもお金を渡して解決してほしい。

と、解決金として最低でも200万は欲しいと。。。

オットの方は、
すでに親を思いやる気持ちを踏みにじられているので
今さらお金を渡すつもりはない。

と、ゼロ回答を。。。

すると、義母の方は義兄との連名になり、
オットが連帯保証人となり借りている義母のマンションの家賃を、
オットの代わりに義兄が立て替えて支払っていたので
その分を含めていくらか支払って欲しいと。。。

えっ? 次男に変わって長男が親の家賃を払って何がおかしい??
えっ? 法律?? 連帯保証人だから逃げられない???

自分は法律を無視して騒いでいたのに
こんな時だけ「法律」ですか・・・(ヤレヤレ)

最終的には、
義母の賃貸マンションの連帯保証人をオットから義兄へ変更してもらい、
オットが義兄に 立替分家賃として50万支払うことにより
示談が成立し合意書が交わされました。

甲(オット)と乙(義母)及び甲(オット)と丙(義兄)の間には、本書の定めるもの(50万円の支払い)外に何らの債権債務も存在しないことを相互に確認する。

この、合意書の最終項目に記載されていたこの言葉。

これは、今後、義母達にイチャモンつけられないためのお守りです。

この合意書を最後に、オットは義母や義兄とのつながりを断っています。

弁護士へ支払った費用

今回の義母からの嫌がらせと思えるイチャモンにより

弁護士へ支払った費用は、

・示談交渉着手金   216,000円

・示談報酬金+諸経費 540,000円

トータル  756,000円

この金額は、安いのだか、高いのだか。。。

弁護士へ払った金額よりも低い金額を手にした義母。
お金に強欲になったが為、50万という金額で息子と疎遠になった義母。

なんだかさみしい人生だなと感じます。

私は、義母のようにはなりたくないです。

お金よりも、子供(人間)が大事です。

性格の可愛いおばあちゃんになる。

真逆の意見も一度は受け入れる柔軟さを失わない。

これが私の思う、高齢者になるときの心得です。


最後まで読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

ランキングに参加中です。

応援クリックしていただけると励みになります♪