夫に尽くすことをやめた妻。私の望む卒婚のかたちとは

オットに尽くすことをやめました。

オットの度重なる 嘘、裏切りに心折れた私。

もうそんなオットのために自分の時間も労力も使いたくありません。

半年前に、オットの新たな借金が発覚してから悩み、そして決めました。

オットに尽くすことをやめます。

オットに尽くすことをやめます

そう決めてから、私は副業を探しました。

週末、オットと一緒にいることを避け、
副業に出かけたり、友人と出かけたりするようになりました。

ありがたいことに、今の家に引っ越してきたときから
オットとの寝室は別です。(オットは1階、私は3階)

出かける用事のないときは自分の部屋にこもることもできます。

問題なのは、オットは家事を一切しない人だということ。

結婚当初からそうでした。

私たちは共働きなのに、
朝も夜も休日も、
オットはパソコンや携帯をいじるか寝ているか・・・
私だけが家事と時間に追われバタバタしていました。

それでも、いままでは愛情!?もあり、
文句も言わずに私だけが家事をこなしていましたが、
今回の件でオットへの気持ちも凍りついてしまった今、
何もしないオットの分まで家事をする気はなくなりました。

ひとつずつ、自分でできるようオットにお願いしていきます。

まずは、下記の3つをお願いしました。

・オットが食べ散らかした食器などは自分で流しまで運んでもらう。

・用を足した後、汚れている箇所のトイレ掃除をする。
(オットは立ったまま用を足す人です。飛び散って汚いので座ってするよう何度もお願いしましたが一向に聞いてくれません。座ってできないなら、飛び散らかした箇所ぐらいは都度自分で掃除しましょう。)

・洗面台に痰を吐かない。(詰まった痰を掃除するのは私です。嫌です)

これからも少しずつお願いを増やしていき、
自分の事は自分でしてもらい
私がオットへ使う時間と労力を減らしていきたいです。

そう、私の望みは卒婚です。

私の望む卒婚のかたち

最終的には、

食事・洗濯は各自で、

自分の部屋は自分で掃除、

1階のトイレはオット、3階のトイレは私が使用し掃除もする。

共用部分であるお風呂・洗面台・キッチンは都度掃除、

ゴミ出しも各自、

猫を飼っているので、猫はお互いが可愛がり、

リビングは自由に出入りし、共用のくつろぎの場とする。

旅行は、今まで通り一緒に行く。

そう、シェアハウスで二人が住んでいるような感じ。。。

自分の事は自分でするが、
生活は共にするパートナーであるから
家の事や子供の事、猫の事などの情報は共有する。

今後、仲が悪くなったら、
別居や離婚。になるだろうけど、

今はそこまでいってない。

オットが自らの気持ちで改心し、
借金を完済するまでの卒婚。

さぁ、どう転がるかわからないけれど、

卒婚に向けてオット教育!?をがんばり、

自分の幸せな老後のためにできることはやっていくぞ!!



最後まで読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

ランキングに参加中です。

応援クリックしていただけると励みになります♪