信用情報の開示の方法。住宅ローンの審査に落ちた原因を調べようとしたら夫の借金発覚!

借金額を知りたい時、信用情報を開示する

我が家は、投資用マンションのローンの審査に落ちたことの原因を知りたくてオットの信用情報を開示しました。

その時の手順など、まとめてみたいと思います。

信用情報の開示手続き

信用情報の開示とは

・金融機関からの借金額(借入等の内容や支払い状況など)を確認できる。

・自分の信用情報が、現在どのように登録されているかを確認できる。

信用情報の開示手続き方法

下記の3つの機関で開示できます。

全国銀行協会(JBA)

日本信用情報機構(JICC)

割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関(CIC)

それぞれで若干開示できる(加盟している)金融機関が違っているので、
なるべく漏れなく調べたいのでしたら3つとも取り寄せることをおすすめします。
(我が家は3つとも郵送で取り寄せました)

3つの機関で郵送で取り寄せる場合、
それぞれ手数料として郵便小為替で1000円(消費税・送料含)かかります。
(速達希望の場合は、別途速達料金がかかります。)

2018年9月に取り寄せた時は、
3つの機関とも、こちらが投函してから
ちょうど1週間後に簡易書留で自宅へ郵送されてきました。

我が家の場合、オットの了解を得、
必要添付書類(運転免許証と健康保険証のコピー)をオットからもらい、
私がパソコンからそれぞれの機関で信用情報開示の申請をしました。
(特に、本人の署名が必要な場所もなかったのでスムーズに手続きできました。)

より正確に信用情報を開示したい場合

本人の現住所と電話番号だけではなく、勤務先や旧住所等、
本人が今までかかわっていた情報をすべて申請書に入力すると、
ヒットするものすべてを調べてくれます。

我が家の場合は、
現住所+旧住所+夫の勤務先(転勤前と、今の2か所)+自宅の電話番号+会社の電話番号+個人の携帯番号+会社から支給されている携帯の番号・・・・

思い当たるものすべて記載しました。

すると、自宅以外に転勤後(現在)の勤務先住所でもヒットした借金がありました。
(勤務先の住所だと私にばれにくいと思っていたのでしょうか??w)

信用情報記録開示書の見方

3つの機関とも、信用情報開示書の見方の記載したパンフレットが同封されています。
それを読むと詳細がわかりやすいです。

全国銀行協会のみ、24か月前から、1か月ごとの借入残債額が記載されていました。
(その月にいくら借り入れたか・返済したか、お金の動きがわかりやすかったです)

まとめ

夫(妻)が疑わしいと感じた時

住宅ローンやクレジットカードの審査が落ちた。
カード会社から催促状が届いた。

もしかして借金??

そう感じたら、信用情報の開示をすることをおすすめします。
(手続きは簡単ですし、1週間~10日ほどで情報が届きます。)



最後まで読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

ランキングに参加中です。

応援クリックしていただけると励みになります♪