頭蓋骨療法で前頭骨をほぐしホルモン分泌をよくしてもらう。手のしびれに効果あり。

整骨院で頭蓋骨療法をうけてきた

手足のしびれがひどくなってきたときから通っている整骨院へ行ってきました。

ちょうど、去年の今の時期(春先)からひどくなった手足のしびれ。

今年もまた、夜中や朝の目覚め時に手が動きにくくなってきたので、
今回はそこを重点に施術していただきました。

前頭骨をほぐしてもらう

以前より、整骨院の先生に、
春先は要注意だよ。
と言われていた通り、最近また、手がしびれるようになってきました。

夜中、目覚めたときや、朝、目覚めたときに、手がしびれて動かしにくくなってきていました。

整骨院で診ていただくと、
私の体の癖(事務職でパソコンを打つことが多いのも原因)で、
首が前のめりの姿勢になることで、
前頭骨がコリ、ホルモン分泌が悪くなり、手などの体の末端に酸素がいきわたりにくくなっていて、それが原因で、寝ているときに手が動きにくくなっている。

ということでしたので、さっそく、前頭骨をほぐす施術をしていただきました。

施術台に仰向けになって横になり、先生がおでこや首のあたりを温めるように動かしていきほぐしていってもらいました。

前頭骨をほぐすと、側頭骨や後頭骨などのほかの骨だけでなく、頭全体の緊張がとれ、からだへの負担が少なくなり、ホルモンや内分泌に良い影響が出るといわれています。

さらに、目や耳、鼻などのトラブルにも効果的です。

女性の方が気になる、シワやくすみなども、老廃物の排出がよくなり、効果的だといわれています。

最近は、清掃の副業も始めたこともあり、疲労がたまっているようで、2週間に1回、整骨院へ通うようにしています。

毎回、腰痛や肩の痛みなど体に目立つ不調があり、そこを重点に施術してなおしていただいてましたが、今回は、それプラス、前頭骨も施術していただいたので、いつもの時間より15分ほど延長しました。

おかげで、施術後は、頭もすっきりし、手もきちんと動いています。

ぶり返さないためにも、パソコンを長時間使う場合や、携帯をいじるときは、首をまっすぐに保つ姿勢をとるように意識したほうがよさそうです。

頭蓋骨療法

頭蓋骨をユルめるのは、“脳脊髄液”の循環をよくするため!!

私たちの体には、血液やリンパ液のほかに、脳脊髄液という体液が流れています。不調を解消するには、この脳脊髄液の流れをよくすることが大切なのです。脳脊髄液の流れが滞ると、新陳代謝が悪くなり、老化や肌トラブルの影響が出ます。脳脊髄液の流れがスムーズになれば、体の不調が解消されるばかりか、つややかな肌、いきいきとした表情を手に入れることができるでしょう。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

ランキングに参加中です。

応援クリックしていただけると励みになります♪