70代の80%以上にみられる白内障。母が両目の手術をしました。

70代の母が白内障の手術をうけました

70代の母(実母)が白内障の手術を受けました。

両目一度の手術ではなく、片目ずつ(左目の手術後、2週間してから右目)手術しました。

白内障とは

白内障は、目の中のレンズである水晶体が濁って、見づらくなってしまう病気です。

母も、年を重ねるごとに目が見えにくくなり、好きな編み物もできなくなってきていました。

白内障には何歳でなるのでしょう

白内障の中で一番多いのが加齢性白内障です。年齢が上がるにつれて現れるタイプのものです。
70歳代であれば80%以上の人に白内障がみられます。
ほかにも、糖尿病の人は水晶体の混濁が速く進行するので40~50歳でも白内障になりますし、より若い人でもアトピーが原因で白内障になることがあります。

白内障の症状

・物がぼやけて見える(人の顔やテレビなどがはっきり見えない、本や新聞の文字が読みづらい)
・まぶしい(日中の日射しがつらい、夜間のヘッドライトがまぶしい)
・物が二重に見える(たとえば夜に片目で月を見ると2~3つに見える)
・眼が疲れやすい

などの症状が現れます。

白内障の治療

白内障がそれほど進んでいない場合には、目薬で白内障の進行を予防します。
ただし、これはあくまでもそれ以上進まないようにするためのもので濁ってしまった水晶体を透明にもどして白内障を治すというわけではなく、
視力に影響が出てきたり、まぶしい・二重に見えるなどの症状が現れてきた場合には手術が必要になります。

白内障手術の方法

水晶体は、水晶体嚢(すいしょうたいのう)と呼ばれる袋と、核および皮質と呼ばれる中身からなっています。
手術では濁った水晶体のみを取り出し、残した袋の中へ人工の眼内レンズを入れ込みます。

通常この眼内レンズは一生眼の中に入ったままで、取り替える必要はないようです。

母の手術の場合

・手術の前日の午後に入院。抗生剤の目薬をさす。

・手術当日、病室で点眼麻酔をさし、病室へ行き、手術台へ横になり、局所麻酔を打ってもらい、手術。

・手術時間は、約10分ほどで終わり、眼帯を付けたまま病室へ。

・翌朝、7時に担当医の回診があり、眼帯を外してもらい、9時には退院。

このような流れだったようです。

入院費用は、1回目の左目の時は45,000円ほど、2回目の右目の時は18,000円ほどだったそうです。(これは、2割負担の額です。)
手術はどちらも3月にしたので、これから高額医療の申請をします。

高額医療の申請をしたら、母の場合は、月額24,600円を超えた額については返金されます。

2回目の右目の手術をしてからまだ2日しかたっていませんが、ずいぶんよく見えるようになったようで、喜んでいます。

好きだった編み物を再開するといって、近々、毛糸を買いに行くそうです。

高齢になってきた母の楽しみが増えたようで良かったです。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

ランキングに参加中です。

応援クリックしていただけると励みになります♪