夜間の信号待ち「ヘッドライト消灯」実は違反?夜間走行はハイビームが基本?

夜間の信号待ちで「ヘッドライト消灯」は違反?

夜間、交差点などでの信号待ちの時に、対向車や前走車に気を使い、ヘッドライトを消灯して、スモールランプだけにして停止している車をよく見かけませんか?

私も、その一人です。

相手を思いやる行為は、交通違反?

実際、車を運転しているときに、信号待ちで対向車がヘッドライトをつけっぱなしだと、まぶしく、不快に感じます。

自分は、そうしないためにも、信号待ちでヘッドライトを消灯することがマナーだと思っていました。

ですが、この、相手を思いやる行為は、交通違反になるそうです。

道路交通法の第五十二条

車両等は、夜間、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。(略)

ヘッドライトを点灯する大きな役割とは、「夜間の視認性向上」「自車の存在を知らせる」があげられます。

このような理由もあり、交通法では、基本的には、交差点などでのヘッドライト消灯は違反になります。

車を運転している者としては、なんか、腑に落ちないですよね。。。

夜間走行ではハイビームが基本

同じように、腑に落ちない交通法があります。それは、

夜間走行において、ヘッドライトを上向き(ハイビーム)と定められている。

実際に、最近運転免許をとった子供たちは、自動車教習所で、ハイビームで走行するようにと習ったようです。

変ですよね?狭い日本で、ハイビームで走行していると、対向車の迷惑になります。

ただ、交通法、第五十ニ条 2では、「夜間の道路において、対向車とのすれ違いや先行車を追従する際、交通の妨げになる恐れがある場合などでは、ライトを消し、光度を抑えるなどの操作しなければならない。」

となっているので、対向車とすれ違う時は、下向き(ロービーム)にしないといけないようです。

だからなのか、最近の車は、オートレベリング機能(自動でヘッドライトの照射範囲(上下方向)を調整する)がついているんですね。

狭い日本の道路事情

日本の道路事情に照らし合わせると、よっぽどの山奥や田舎ではない限り、対向車に出会う機会は多いので、街中でハイビームで走行するのはやめてほしいです。

オートレベリング機能が付いていても、人や自転車に反応しないことがあるので、歩行していると眩しく、目つぶしをくらった感がし、不快です。

これは、車に限らず、自転車でも同じです。(自転車のライトが上向きで眩しく感じることも多々あります。)

車、自転車とも、街中の走行は、ロービームでの走行をお願いしたいです。

ただ、安全運転の観点から、交通量の少ない場所では、上向き(ハイビーム)にし、事故防止に心がけるようにしたいです。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

ランキングに参加中です。

応援クリックしていただけると励みになります♪