娘の妊娠に気づかなかった母親。忙しいは理由にならない

母親とは

娘の妊娠&結婚報告から1日たち、考えたこと。

なぜ私は娘の妊娠に気づかなかったのか。

母親なら気づいてあげるべきだった?

娘から「お母さんは気づいていると思ってた」と言われた言葉が引っかかっていました。

そうなんです、通常、私がトイレの汚物入れを掃除し、娘の洗濯もするので、毎月、規則正しく、月初めに娘に生理がきていたことを、知っていたはずでした。

なのに、今月、3月の月初に生理がきていなかったことに気づけませんでした。

たぶん、新しく始めた副業で忙しくなり、日々の生活に追われていたことと、オットの転勤が決まり単身赴任することになったことに気が行っていたこと、が、大きな理由だと思います。

これって、母親としてどうなんでしょう。。。

ある意味、失格ですよね。

妊娠したことで娘には不安な気持ちがあったと思うんです。

それに気づいてあげられなかった。

妊娠判定薬で陽性が出て、産婦人科で検査してもらい妊娠が確定し、役所へ母子手帳をもらいにいく。という、流れを、娘は一人(正確には彼氏と二人)でやりこなしていました。

これには、母親として気づいてあげられなかった自分が情けない気持ちになります。

考え方を変えると、すでに娘は親離れし、彼との人生を歩み始めているってことにもなる。ということなんでしょうね。

娘が結婚し住む場所

これから住む場所を決めるようですが、彼のご両親が、お金がたまるまでは彼の実家で住むのはどうか。という案を出してくださっているようです。

ありがたいことです。

広い家のようですし、彼の母親という方は、明るく良い方のようです。

同居することになっても、娘のことはかわいがってくださると思います。

ただ、私としては、娘が彼の実家での同居となった場合、娘に会いに行きにくくなるので、寂しくなります。

娘の門出なのに、自分の寂しさが出てくるなんて、私は勝手な母親ですね。

この気持ちは口に出さず、娘たちの考えがまとまるのを待とうと思います。

出しゃばらず! 口を挟まず!

あたたかく、見守ります。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

ランキングに参加中です。

応援クリックしていただけると励みになります♪