Wワーク先の清掃のお仕事、腰痛だけじゃなくメンタルもやられる

清掃の仕事は腰痛だけじゃない

オットの借金が発覚してから始めたWワークの清掃のお仕事。

3か月ほど経った今、体もだいぶ慣れてきました。

清掃の仕事内容

私が勤めている清掃のお仕事先は、接客業の施設です。

そこでする仕事内容というのは、

・1時間に1回、各トイレ(男女)の点検&清掃

・それ以外は、施設全体を歩きながらのゴミ拾い、

・時々、お客様が汚す(吐く、漏らす、飲食物をこぼす)箇所の掃除。

この3つがお仕事のメインになります。

清掃の仕事を始めたころ

今まで、長く事務職しかしてこなかったので体がなまっていたのか、
清掃のお仕事を始めたころは腰痛に悩まされました。

なんせ、かがんでする作業が多い。

腰痛になると、座った状態から立つという動作がつらくなるので、
本業の事務職にも支障をきたします。

この腰痛は、整骨院の先生に重点的に治療していただき、
今は悩まされることはなくなりました。

私が通っている整骨院は頭蓋骨療法をとりいれています。

頭蓋骨療法との出会い 1年前の春先から手足のしびれにはじまり、体中の節々が痛くなり体を自由に動かすことができず 引きこもりがちな生活を...

清掃のお仕事はメンタルもやられる

腰痛の方は悩まされなくなりましたし、今後、また痛くなっても整骨院へ通うと治してくれると思うので、多少無理をしても安心して清掃のお仕事ができるのですが、

やっかいなのは、清掃のお仕事はメンタルもやられる。ということです。

清掃のお仕事先が接客業の施設。ということもあり、私の出勤する日曜日はお客様が多く来られています。

そのお客様の態度や言動に、メンタルやられちゃいます。

なんせ、清掃の作業着を着ていると、お客様より下にみられるというか、そういう言葉を多々あびせられます。

自分は客だから!と、偉そうにしている人を見るたびに、その人の心を哀れに感じてしまいます。

時には、清掃中の自分が透明人間にでもなったのか!と錯覚することもあります。
それは、清掃中であるにもかかわらず、トイレに入ってくるお客様が多いから・・・
トイレの個室の清掃中ですよ。清掃している姿が見えていないとしか思えません。

お客様が吐いた物を掃除している時も、「汚い!」と言われますし、

メンタルやられまくりです。

清掃の仕事の良さ

メンタルはやられますが、清掃の仕事にも良い所はあります。

それは、汚れている箇所が綺麗になること。

あきらかに汚い箇所を綺麗にすると、気持ちもスカーッとします。

だから私は人が手の届かない窓などの掃除を進んでやります。

脚立に乗り、窓を拭き掃除するだけなんですが、
曇った窓がピカピカになると、中に入っていくる日差しまでもが温かく感じられます。

しかも、清掃のお仕事は一人ですることが多いです。(職場にもよるでしょうが)
わずらわしい人間関係とかもほとんどありません。

そこは、本当に良い所です。

今の職場は、接客業の施設の為、
お客様からの心無い言葉でメンタルやられてしまうので、
できれば、接客業でない施設(休日の企業など)で
一人黙々とできる清掃の仕事を探そうかなぁ。と。。。

副業の仕事をはじめてまだ3か月しかたっていないのに、
早くも転職したい病にかかってしまいました。w



最後まで読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

ランキングに参加中です。

応援クリックしていただけると励みになります♪