胆のう摘出手術・入院決定*単孔式腹腔鏡下手術で胆嚢ポリープを切除する~その1

単孔式腹腔鏡下手術を受けることに

春の健康診断の腹部エコーで胆のうポリープが見つかりました。

その後、経過をみていましたが、半年ほどで3mmも大きくなったので、思い切って切除することにしました。

胆のうをとってしまっても大丈夫?

検査後、「ポリープが大きくなってきているので胆のうを切除しましょう。」と言われ、不安になっている私に、医師が丁寧に説明してくださいました。

胆のうの役割

胆のうとは、肝臓で作られた胆汁を一時ためておく場所で、
食事などをして体内に食べ物がとりいれられ十二指腸に到着すると、
胆のうでためられていた胆汁を
十二指腸へ排出する働きをしているそうです。

胆のうを切除しても、ためておくことが出来なくなるだけで、
胆汁は肝臓で作られているので大きな問題にはならないらしい。

胆汁は、食べ物中の脂肪の分解、小腸への吸収を助ける働きをしている。

ただ、肝臓で作られた胆汁は、常に十二指腸へ流れている状態になるので、
今までのように体内に入ってきた食べ物めがけて胆汁が効率よく排出されわけではなくなり、脂肪分や油分の多い物を食べた時に、きちんと分解できず、下痢をおこしやすくなるらしい。

この程度の問題なので、
ポリープが大きくなっていくより、切除した方がリスクが少なくてすむ。
と、説明を受け、
切除することを決めました。

これまでの検査

胆のうポリープは、腹部エコーの検査だけで発見できました。

朝食を抜いて病院へ行き、腹部エコー(約5分ほど)をしただけで発見&経過観察できるので、ためらわずに検査を受けることをおすすめします。

手術を受ける病院を決める

私が通っていた病院では入院が必要な手術ができないため、別の病院を紹介していただくことになりました。

胆のう摘出手術の中で、一番、傷の残らない「単孔式腹腔鏡下手術」をしている病院を紹介していただきました。

単孔式腹腔鏡下手術とは

おへその部分に2~3㎝程度の穴を開けて、その穴から腹腔鏡などの手術器具を挿入して手術を行う。という、最新の術式。

傷跡も目立ちにくく、手術の時間も短縮できる。

従来の手術方法でしたら、お腹に4,5か所穴を開け、それぞれの穴から手術器具を挿入しての手術だったそうですが、単孔式腹腔鏡下手術だと、1か所の穴ですむらしい。しかも、おへそ。

もう、この方法でしか手術は受けたくない!と、思いました。w

本日入院

暖かくなる前に手術を受けてしまいたかったので、すぐに手術を予約しました。

本日、入院し、術前検査等をし、明日の午前に手術を予定しています。

オットの単身赴任も決まり、喜んでいる!?のもつかの間、
手術前ということで、いろんな意味で緊張しています。

単孔式腹腔鏡下手術で胆のうポリープを切除する 本日、9時から手術です。 もう、逃げ出したい気持ちでいます。 なかな...

胆のう摘出手術・手術当日の様子を記事にしています。全身麻酔、酸素マスクや体の管が外れる時間など。単孔式腹腔鏡下手術で胆嚢ポリープを切除。

単孔式腹腔鏡下手術 2泊3日の入院 記憶が薄れる前に覚えていることを書き出しているので内容が細かいかもしれません。 これから胆のう摘...

退院後の1週間検診 退院して1週間たったので術後の経過を診てもらってきました。 心配していた、便秘・下痢 退院後、便通はよ...



最後まで読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

ランキングに参加中です。

応援クリックしていただけると励みになります♪