賃貸マンションでタバコを吸う夫、退去時に多額の費用が請求されるのでは?

賃貸マンションでタバコを吸うオット

昨日、オットと電話で話をしていたら、受話器の向こう側でタバコを吸っている気配がしました。



契約時にタバコは禁止だと告げられていたにもかかわらず

受話器の向こう側のオットから、ライターでタバコに火をつけ、ふぅ~っと、タバコをはく音が聞こえてきました。

今、タバコ吸ってる?

うん

契約時にタバコは禁止だといわれてなかった?

そうだったかな??

いや、絶対、言われてたよ!タバコ、だめだよ。

・・・

無視かいっ!!

いっつもです、自分に都合の悪いことになったら、口が貝になり、何も言いません。

私が言わなくなるのを黙って待っているだけです。

反省もしません。都合の悪い、その場が過ぎればいいだけです。

なので、これ以上私が何を言っても返事はしないだろうし、タバコをやめるつもりもないと思います。

オットは1日に1箱ほどタバコを吸います。

賃貸マンションの中でも、かなりの本数のたばこを吸うことになるともいます。

タバコのにおいって、吸っている本人はあまり気づかないようですが、禁煙者からすると、かなり臭っているのがいるのがわかります。

オットが、いざ退去となったとき、タバコのにおいが部屋中につき、クロスが黄ばみ、エアコンのにおいが臭くなっていたりして、家主さんのほうから余分なお金を請求されかねません。

だらしないオットの尻拭いをさせられるのはまっぴらごめんです。

先手必勝!ということで、

ほんと、タバコはだめだからね!
もし隠れて吸って退去時に余分にお金を請求されるようなら、
それは家計からは払わないからね。

と、伝えました。

生活もお金もだらしないオット。

「タバコを吸ったことで、退去時に修復分を請求されるなら、その分払ったらいいやろ。」

ぐらいにしか思っていないと思います。

そんな性格だから、平気で何度も多額の借金を作るのだと思います。

やはり、生活もお金にもだらしないオットとの将来は見えないままです。

この性格のままで、老後、まともに暮らしていけるのでしょうか。。。

タバコの事、考えると腹が立つので、「オットの責任」ということで考えないようにします。

一緒に暮らしていないからできること、オットのことを考えないで暮らす。

単身赴任って、そばにいないから、楽です。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

ランキングに参加中です。

応援クリックしていただけると励みになります♪