だれでもトイレにならぶ人。だれでもトイレって?

あちこちで見かける だれでもトイレ。

だれでもトイレに列を作って並んでいる人って???



だれでもトイレって?

週末の副業である清掃のお仕事に行きはじめて、まだ3か月ほどですが、
いつも疑問に思うことがあります。

「だれでもトイレ」に列を作って並んでいる人が多い事です。

清掃中に、ならんでいる人に声掛けをさせていただくこともあります。

「東側に男女にわかれた広いお手洗いがございますよ」

でも、ほとんどの人は移動せずにそのままだれでもトイレを待っています。

並んでいる人の中には、

「前に入った人のトイレが長すぎる」
と、苦情をおっしゃる方人がいらっしゃいます。

「だれでもトイレだから誰が使ってもいいんでしょ」
と、自分勝手な解釈で正義を唱えているような顔をしてらっしゃる人もいらっしゃいます。

??? えっ ???

だれでもトイレ(多目的トイレや多機能トイレとも呼ばれたりします)とは、

車いす使用者、おむつ替え必要者、おからだの不自由な方などもご利用いただけますよ。
という意味の「だれでも」であって、

乗り物でいう「優先席」のようなものだと思うんです。

そういう、だれでもトイレを必要としている人に

優先して使っていただけるよう、

普通のトイレで問題ない人は、

だれでもトイレを使うのは避けてほしいと思っています。

ただ、オストメイト(人工肛門・人口膀胱 保有者)の方など、

見た目だけでは、だでもトイレを必要としている人なのかどうか判断しにくいので

従業員側から、普通のトイレへの誘導は強く言えないのが現状です。

軽く声掛けしても移動されない方はそのままにしていますが、

私個人の意見としては、

だれでもトイレは必要とする人のために空けておいてほしいです。

だれでもトイレに列を作って並んでいる人は、だれでもトイレの本来の意味を理解できていないのでしょう。

この「だれでもトイレ」

もっと良いネーミングがあればいいのですが。。。

「だれでもトイレ」は、お体の不自由な方でもお使いいただけるトイレだという意味の「だれでも」であるということを、いろんな方に知っていただき、だれでもトイレを必要とする人が優先して使えるトイレになるようになってほしいです。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

ランキングに参加中です。

応援クリックしていただけると励みになります♪