【NHK受信料】学生の全額免除と、半額になる家族割引を申請しました

2019年2月から対象の学生は全額免除

2019年2月から、親元から離れて暮らす、一定の条件を満たす学生はNHKの受信料が全額免除になりました。

一人暮らしする息子はその対象に含まれていたため、すぐに手続し、卒業するまでは全額免除していただけることになりました。



全額免除の対象条件

親元から離れて暮らしている学生で、全額免除の対象となる条件は、下記の4つです。

1.奨学金受給対象の学生

2.授業料免除対象の学生

3.親元などが市町村民税非課税の学生

4.親元などが公的扶助受給世帯の学生

息子は、日本学生戦機構から奨学金を受給しているので、対象者となりました。

手続きは簡単で、インターネットから契約者番号等を入力し申請するだけです。

NHK受信料、学生免除の申請HP

申請後、1か月も待たずに、NHKから連絡が届き、無事申請が通りました。

申請が通るまでに一度受信料が口座引き落としされていましたが、その分はその後返金されました。

一人暮らしをしている学生相手に悪徳勧誘

息子が一人暮らしを始めたころ、NHKを名乗る人が勧誘に来て、相手が学生であるにもかかわらず、強引に契約をとり、あとから苦情の電話を入れたのを記憶しています。

当時のNHKの勧誘の人は、学生の一人暮らしの家にもかかわらず、「テレビを見せてほしい。」といい、家に上がり、テレビが衛星放送を映せるタイプだからといって、衛星契約の受信契約をとって帰っていきました。

息子には、「親御さんにこちらから連絡を取り、親御さんの了承を得てから本契約になるから。」と言って、とりあえずサインするように。と、言ってサインさせたようです。

その後、息子から連絡をうけ、事情を知り、すぐに苦情の電話を入れました。

衛星放送を映せるタイプのテレビを買ってはいるが、アンテナもなく、実際には衛星放送を映せる環境じゃないにもかかわらず、衛星契約の契約を無理やりとったこと。

悪質だと感じました。

NHKに苦情を伝えると、契約をとった代理店から折り返し連絡がきて、すぐに契約をやり直してくれました。

衛星契約から地上契約へ、契約を変更して、無事解決しました。

衛星契約は、2か月で4460円。
地上契約は、2か月で2520円。
倍くらい金額が違うので、この違いは大きいです。

このNHKの悪質勧誘をきっかけに学習し、息子はその後の勧誘への対応はきっちりとした対応が取れるようになりました。(ある意味、悪質勧誘した人に感謝ですw)

単身赴任しているオットは家族割引

オットの単身赴任先のNHK受信料は家族割引の手続きを取り、半額になりました。

もし、息子の学生全額免除がなければ、我が家は2か月で5000円以上もNHKに受信料を払うことになっていました。

1世帯なのに、別々に暮らしているからという理由で、見もしないNHKの受信料を3軒分徴収されるのって、なんだかもったいない気がします。

息子が全額免除になったことは、とてもありがたいです。

この春、お子様が一人暮らしされるご家族の方は、全額免除の対象に入っていないか今一度確認し、対象に入っていればすぐに手続されることをお勧めいたします。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

ランキングに参加中です。

応援クリックしていただけると励みになります♪