50代の断捨離。子供が巣立った今、断捨離をする

子供が巣立ってからの暮らし

娘が結婚し、家を出ました。

一人暮らしをしている大学生の息子も、転勤のある会社に就職の内々定をいただいているようで、大学卒業後はこの家に戻ってくる予定ではないようです。

となると、これからは猫を中心とした暮らしを考え、家を片付けることにしました。


50代の断捨離

まず、子供たちが残していった物は、リビングなどには置かず、子供たちの部屋へ運びました。

その後、残っているものを順番に片づけることにしました。

まず、キッチンから。。。

食器は、この1年使っていないものは処分することにしました。

すると、出てくる出てくる・・・引き出物にいただいたブランドの食器や、子供が小さいころよくやったかき氷のお皿、キャラクターの食器。。。捨てられずに持っていた食器類を、今回は、思い切って処分しました。

フライパンや鍋も、半分の数に減らしました。

お弁当箱や水筒なども、自分の分以外は処分しました。

我が家はキッチンにカウンターがあり、2人迄だとそこで食事ができるので、普段は必要ない食卓はダイニングの端に移動し、人が来た時だけ出してくることにしました。

リビングも、娘のものをどけると荷物がぐっと減ったので、全ての物を棚の中へ収納することにし、不要なものはどんどん処分しました。

そして、棚やテーブルの上には何も物を置かない状態にし、猫の居場所を増やしました。

私が片づけをしている途中でも、今まで物があり上れなかった場所が空くと、猫はすぐに上っていき、その新しい場所を楽しんでいました。

とても可愛いです。

昨日、今日と2日間は、キッチンとリビングの片づけしかできませんでした。

出たごみは、燃えるゴミ6袋、燃えないゴミ4袋です。

今までの私でしたら、売れそうなものはメルカリで売っていましたが、今回は、全て捨てることにしました。

メルカリで売れるか売れないか(発送するための梱包が楽かどうか)ではなく、自分に必要か必要でないか、を、基準にして断捨離していきました。

キッチンとリビングは、一日の中で一番いる時間の長い場所なので、この場所がスッキリしたことで、なんだか心も晴れてきます。

ただ、片づけが終わった今、キッチンとリビングをざっと見まわすと、まだまだ片づけれそうな感じがします。

というのも、まだゴチャゴチャした感じが残っています。

来週末は、玄関・洗面所廻りと、自分の部屋を片付けたいと思います。

一通りの片づけが終わったら、2週目の片づけをし、それでも納得できなかったら、3周め、4週目・・・・と、片づけを繰り返し、物をぐっと減らしたシンプルな生活を老後にできるように備えたいです。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

ランキングに参加中です。

応援クリックしていただけると励みになります♪