空の巣症候群を引きずっている母親。いつもの元気はどこへいった?

パワーがなくなったようです

先日、1か月ぶりに会った友人と食事をし、別れた後に、その友人から、

「なんだか、パワーがなくなったように感じたけど。大丈夫?私でよかったらいつでも呼んでね。」

と、LINEがきました。



変化のない暮らし

友人から「パワーがなくなった」と言われ、

確かに、そうかもしれない。と、うなずいてしまいました。

その友人と出会ってからの私は、

離婚、再婚、夫の風俗・借金、義母、子供の不登校、子供の友人関係、仕事、健康、

いろいろと問題を抱え、それを乗り越える過程を、その友人はそばで見てきてくれていました。

なので、いつも私は、何かに対して熱く語り、行動していて、パワフルだったんだと思います。

今の私の暮らしは、、、

一人暮らしになり、毎日変化のない暮らしをしています。

変化のない暮らし=平和な暮らし

なので、良いことではあると思いますが、私の場合、それだけではなさそうです。

空の巣症候群を引きずっているのか!?

先日、娘の夫くんが実家の用事で家を留守にするからということで、娘が我が家に泊まりに来ました。

離れて暮らすようになって3週間も経っていなかったのですが、少し成長した娘になっていました。

娘は、夫くんと、新たな人生に向けて歩み始めている。

もう、別々の家庭なんだな。

と、実感させられました。

親離れしていってる娘を見て、私も子離れしないといけないと理解しつつも、さみしい気持ちになってしまいます。

オットや子供、家族のために生きてきた人生が長かったからなのか、一人になるとどうしていいのかわからずいます。

新しく何かをはじめた方が良いのか、今のままで、淋しさが吹っ切れる日が来るのを待つか。。。

きっと、何かをはじめた方がいいのでしょうね。

そう思っても、何を始めていいのかがわからない。

気持ちが堂々巡りしています。

変化のない暮らしをしているから、同じことを何度も考えてしまうんですよね。

小さなことでもいいので、暮らしに変化をつけていき、なるべく淋しいという事を考えずに生活していきたいです。

まずは、会社から自宅まで歩いて帰ろうと思います。

家で夕食を待っている人がいない。という事は、こういうことができるのでいいですよね。

海沿いの景色の良い道を歩いたり、山側の道を歩いたり、商店街を歩いたり。。。いろんな道を歩いて帰り、脳と体に刺激をあたえていきたいです。

目指せ! 脱・淋しさ!!



最後まで読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

ランキングに参加中です。

応援クリックしていただけると励みになります♪