チケット不正転売禁止法が、本日2019年6月14日からスタート

2019年6月14日からチケット不正転売禁止法がスタート♪

本日より、興行主等による販売価格を超える価格での転売が禁止となりました。

違反時の罰則は、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金、またはその両方。だそうです。



これで、本当に行きたい人が買いやすくなる??

チケット不正転売禁止法

国内で行なわれる映画、音楽、舞踊などの芸術・芸能や、スポーツイベントなどのチケットのうち、興行主の同意のない有償譲渡を禁止する旨が明示された座席指定等がされたチケット(特定興行入場券)の不正転売等を禁止している。

特定興行入場券の条件は、以下の3点。

・販売に際し、興行主の同意のない有償譲渡を禁止する旨を明示し、その旨が券面(電子チケットは映像面)に記載されていること
・興行の日時・場所、座席(または入場資格者)が指定されたものであること
・例えば、座席が指定されている場合、購入者の氏名と連絡先(電話番号やメールアドレス等)を確認する措置が講じられており、その旨が券面に記載されていること

同法では、特定興行入場券の不正転売と不正転売を目的とした入場券の譲り受けを禁止。違反した場合の罰則は、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金またはその両方。

チケット不正転売禁止法の対象外となるチケット

招待券などの無料で配布されたチケットや、転売を禁止する旨の記載がないチケット、販売時に購入者や入場資格者確認が行なわれていないチケット、日時のないチケットなどは、特定興行入場券には該当しないため、対象外となる。

これはうれしいです。

今までは、人気のアーティストのライブとか、申し込んでもなかなか当選せず、オークションサイトで高額で売られているのを横目で見ているしかなかったのに、

この法律ができると、本当に行きたい人だけが申込むので、倍率が下がり、当選しやすくなるのではないでしょうか。

実際、私は、毎年コブクロのライブに行っていますが、

コブクロのチケットは、EMTGという公式トレードを提供している会社と提携しているので当選しやすいです。

コブクロのチケットを購入するには、

EMTGの会員登録をして、顔写真入りの会員カードを発行してもらう。

もしくは、電子チケットの登録をしないとだめで、

ライブ当日も、入場時に、チケットと、顔写真入りのEMTGの会員証の提示が必要になるので、安易に転売できないようにしています。

もし、ライブ当日の都合が悪くなって売却したいときは、EMTGのトレードサイトで定価で売ることができます。もちろん、知人に売りたいときは、売りたい人を限定してトレードすることができます。

こういう、チケットの転売に対して安心したサービスがあり、転売目的で購入する人がほとんどいないためか、コブクロのチケットは、当選率が高かったです。

本日スタートした「チケット不正転売禁止法」もコブクロのEMTGと同じような効果が期待でき、これからは行きたい公演のチケットが当選しやすくなるのではないでしょうか。

ありがたいです。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

ランキングに参加中です。

応援クリックしていただけると励みになります♪