8050問題。甘やかす親が原因なのか?

中高年のひきこもり

私の親は70代、ひきこもりの弟は40代です。

8050問題と同じ悩みを持っています。



ひきこもりの原因は甘やかす親?

弟は、高学歴でその後10年ほどは一流企業で働いていました。

当時は母の自慢の息子でもありました。

ですが、友人の死をきっかけに仕事をやめ、その後はプライドが邪魔をして職に就けず、再就職しない(できない)まま、ひきこもりの生活を続けています。

そんな弟に、親は「再就職するまでは援助したい」ということで、何年も生活費を仕送りしていました。

いい歳した中年の男に、親は仕送りを続けていたんです。

さすがに、甘やかしすぎだと思いました。

「母がお金を出すから、弟は生活に危機感がなく、余計に働こうとしないのだ!」

と、何度も母親に言いましたが、

「これくらいはさせて、親の責任なんだから」

「私のお金、私の好きに使わせて」

「あの子には私が手を差し伸べてあげないといけないの、それが親なの」

と言って、聞く耳を持ってくれませんでした。

結局、母の預金が減る一方で、このままでは共倒れになるという事で、母は弟を実家へ呼び戻し、同居しながら面倒を見ています。

私は、やはり、母が甘かったので、弟のひきこもりが長引いていると思っています。

仕事を辞めたすぐのころ、まだ、社会とかけ離れた生活になる前の段階に突き放し、自分の生活のために働かなければならないという危機感を持たせていれば、いまのようにドップリひきこもりの生活にならずに済んだのではないか?

と、考えてしまいます。

親の責任

「小さい子」の場合は、親には子を扶養する義務があるので、親と同等の生活を送れるように面倒を見てあげることが親の責任ではあるけれど、

「成人した子」の場合は、一人で生活できるように自立させることが親の責任ではないでしょうか?

「ひきこもりの原因は甘やかす親」とタイトルに書いたことは、私は当たっていると思います。

ただ、もう高齢の母を責めても、変わらないと思います。

「自分がそばにいてあげないと、あの子(弟)は生きていないかもしれない」

「あの子(弟)が家にいて食事の世話をするのが私の生きがい」

そう言って、弟を甘やかし続けている母ですが、

母も、弟に依存しているので、今更突き放すことはできないと思います。

世間では最近、ひきこもりをめぐる事件が立て続けに起きています。

ありがたいことに、私の弟は、性格が温厚なので、人や物を攻撃することは、今はしていません。

平和に、毎日を過ごしているようです。

弟がひきこもりを脱出できるまで(できないかもしれませんが・・・)、

私にできることは、母と弟が平和に暮らしていけるように見守ることです。

そして、タイミングを見て、弟に独立してもらいたいと考えています。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

ランキングに参加中です。

応援クリックしていただけると励みになります♪