ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。という警告の対処法

Googleアドセンスを開いたら

先日、Googleアドセンスを開いたら、こんな警告メッセージが出ていました。

「要注意:ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響がでないよう、この問題を今すぐ修正してください。」


えっ???

と思い、「ヘルプ」をクリックすると、こんな内容で


なんだかよくわからない内容でしたが、調べてやってみると、意外と簡単でした。

その手順を記載しますので、同じように困っている方がいらっしゃったら参考にしてみてください。



エックスサーバーからワードプレスでの対処方法

私はエックスサーバーを利用しワードプレスでブログを運営しています。

今回は、エックスサーバー での、対処方法を記載します。

手順

1.ads.txt のテキストファイルを作成する

2.エックスサーバーにads.txtのテキストファイルをアップロードする

3.数日後、アドセンスの画面から警告が消えているかを確認する

1.ads.txt のテキストファイルを作成する

まず、テキストファイルを作るため、Terapad を開きます。

私はTerapadを使いましたがが他のテキストエディターでも大丈夫です。

(Terapadのフリーソフトは、窓の杜からダウンロードしました。)


ここに、Googleアドセンスのヘルプに記載されていた1行を張り付けます。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

黄色でマークしている「0000000000000000」の部分は自分のサイト運営者IDに置き換えます。

自分のサイト運営者IDの確認方法

Googleアドセンスの「ホーム」ページの左下側にある「アカウント」をクリック。

「アカウント情報」に記載されている「サイト運営者ID」を確認し、数字の部分(「pub-」以降に記載されている数字)がID番号になります。

上記の方法で確認した自分の運営者IDを 先ほどのテキストファイル(Terapad)の1行の「0000000000000000」に置き換えたら メモを保存します。

その際、わかりやすいようにファイル名を「ads」とし、デスクトップに保存することをお勧めします。

2.エックスサーバーにads.txtのテキストファイルをアップロードする

エックスサーバーの画面の右上にある「ログイン」をタップし、「ファイルマネージャ」をクリックします。

FTPユーザーIDとFTPパスワードを入力して「ログイン」をクリックします。

※FTPユーザーIDがわからない方、未設定の方は、エックスサーバでFTPアカウントを設定する手順 を参考にされると設定方法がわかりやすいかと思います。

ログインすると、たくさんのファイルが出てきますが、その中から自分のブログのファイルを探し、クリックします。

次に出てきた画面の中から、「public_html」をクリックします。

次に、右側にある「ファイルのアップロード」の「参照」をクリックし、先ほどデスクトップに保存した「ads.txtファイル」を選択し「アップロード」ボタンをクリックし、アップロードします。

画面に「ファイルのアップロードが完了しました。」とでて、ファイルが確認できれば完了です。

3.数日後、アドセンスの画面から警告が消えているかを確認する

Googleアドセンスの画面から警告が消えているか確認してください。

私の場合、平日に作業をして翌日にはに消えていました。(2019年6月現在)

何日か経っても消えていない場合は、Googleへお問い合わせされると良いかと思います。

まとめ

やってみると、意外に難しくない作業でよかったです。

あまり難しいことは、頭がついていかないので・・・w

この作業をしないとGoogleから広告停止などの処分を受けることもあるので、放置せず作業に取り組むことをお勧めします。

(特に、ブログに広告を張り付けている方には必須の作業です)



最後まで読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

ランキングに参加中です。

応援クリックしていただけると励みになります♪