【血は水よりも濃い】息子に救われる。

相変わらずやる気の出ない日々

昨日は七夕でしたね。

笹の葉はないけれど、色画用紙で短冊をつくり、

「猫とのんびり幸せに暮らせる老後になりますように」

と書いて窓ガラスに貼り付けました。w



息子が泊まりに来る

私に元気がないことを知っている息子は、心配したのか、急に土曜日の夜に帰省し、1泊していきました。

土曜日の午後3時ごろに

「今日帰る。夕食よろしく」

と、一人暮らしをしている息子からLINEが送られてきて、慌てて冷蔵庫の中身を確認し、食事の準備と部屋の掃除をはじめました。

息子が帰ってくるとなると、急にやる気が出るものなんですね。

あれだけダラダラと過ごしていたのに。。。。

暑い中、帰省してくるので、家に着いたらまずかき氷を作ってあげよう!!

なんて思いながら、棚の奥からかき氷器を取り出し、かき氷シロップも手作りしたりして、息子の帰省を心待ちにして、心浮かれている自分がわかりました。

良いものですよね。

世話をやくことのできる子供がいるっていうのは。。。

なんていうのでしょうか、子供は、無条件で受け入れることができます。

いたれりつくせり。。。いろいろ世話を焼いても苦になりません。

オットに対しても、この気持ちを持ってあげることができれば、オットの借金も夫婦でがんばって返済しよう!という気持ちになれていたのでしょうかね。

まぁ、オットに対しては、この気持ちを持てずにいますが。。。

オットが借金を繰り返し、思いやりのない自己中心的な性格なのは、

オットの母親の育て方に問題があった。

と、私は思っています。

やはり、 血は水よりも濃い  ですね。

息子に感謝

土曜日に夜、泊まっていった息子は、特に何も言うこともなく、

夕食を済ませ、お風呂に入った後は、私と一緒にテレビを見て笑い、

時間が来たら部屋へ行き寝て、

翌朝、朝食をとったら、帰っていきました。

ただ、それだけの普通のことがとてもありがたく感じました。

息子よ、ありがとう。母は少し元気になりました。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

ランキングに参加中です。

応援クリックしていただけると励みになります♪