離婚ではなく卒婚を選んだ50代友人

50代、これからの人生を考える

2日前のブログでも紹介しましたが、私の友人が卒婚することになりました。

その時、友人の話を聞いて、同じ50代として、いろいろ考えさせられることがありました。

友人が卒婚することになりました 先日、友人から「卒婚することにしました」と、連絡がきました。 その後、会って、食事しなが...


人生100年時代、50代になって考えること

卒婚することになった友人は、もともと離婚を望んでいましたが、それが叶わず、「お互いの両親の介護」という名目で別居し、卒婚が決まりました。

という事は、いったん卒婚し、時期が来たら離婚するのか?と、思い、尋ねたら、「離婚はしないと思う」という返事でした。

理由はいろいろあるようですが、

・子供達が大きく(一番下の子が高校3年生)、あと何年もしないうちに大学を卒業し、それぞれが結婚するときには、両親そろって結婚式に出てあげたい。

・子供が男の子ばかりなので、結婚したらお嫁さんに取られてしまう(あくまでも友人の考えです)。老後一人になってしまうよりは、夫婦で老後を過ごしたい。

・今まで一緒にいた情があるので、老後は夫の介護をする覚悟があるし、世話をしてあげたいと思う。

等々と・・・大まかにいうと、家族愛のようなものがあるので、今は離れて暮らすが、いずれ(年金をもらうような時期が来たら)は、子供を当てにせずに夫婦で片寄せあって暮らしたい。

と、いう事らしいです。

友人曰く、

「この状態が、あと10年、いや、あと5年早かったら離婚していたと思う。」

「50代になってから、この状態になると、やっぱり老後を考えてしまう。」

なんだか、わかる気がします。

50代って、自分の老後を考える時期なんですよね。

今は現役で働いていても、あと10年もすれば退職するし、健康面でも、体のあちこちが悪くなってくる時期でもあるんですよね。

老後の不安が、一人になることを避けるのでしょうか。。。。

「離婚」「卒婚」、どちらを選んでも、相手や社会に縛られることなく、自分が笑顔で過ごせる老後を送りたいですね。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ

ランキングに参加中です。

応援クリックしていただけると励みになります♪